高血圧原因

心臓が収縮する時と拡張する時の血圧の差について

高血圧,原因,改善,対策,生活習慣

 

血圧の差

 

血圧は心臓が収縮する時と拡張する時で数値に差が出ます。
心臓が収縮する時は大量の血液を一気に送り出しているので、最大の数値が出ますし、
心臓が拡張する時はゆっくりと血液を吸い込んでいるので、最小の数値が出るようになっています。

 

 

 

血圧の検査ではこの最大の数値と最小の数値の両方を基準値と比べることになるのですが、
場合によっては片方の数値だけ基準値を超えていることがあります。
片方の数値だけだとしても「高血圧」になるので注意してください。

 

血管に問題があるとき

 

たとえば、血圧の最大の数値が基準値を超え、最小の数値は正常値という場合ですが、
血圧の上下差が大きくなりやすい特徴があります。もし家庭で血圧を測ったのであれば、
もう一度測りなおしてみましょう。

 

 

 

測定がうまくできていなかった場合、上下差が極端に変わることも珍しくありません。
測りなおしても同じだった場合、血管が硬くなっていることが原因に考えられます。
血管が硬くなっていると心臓や脳の血管にかかわる病気になりやすくなります。

 

高血圧,原因,改善,対策,生活習慣

 

血圧の最大の数値は正常値で、最小の数値が基準値を超えている場合、
心臓が収縮している時の血液の圧力が拡張する時まで保たれていることがわかります。

 

 

 

これはかなり不自然なことで、「血圧の最大の数値が基準値を超え、
最小の数値は正常値」のケースと同様に血管側に問題があることが予想されます。

 

 

 

これは生活習慣が原因であることが多く、
この状態を保っていると徐々に血圧の最大の数値の方も正常値を超していく可能性があります。

 

 

 

>>>高血圧が加齢に関係している理由とは何か?

画期的な食事法で高血圧を克服!!

今までの高血圧の常識は間違いだらけだった…

薬もキツイ運動も必要のない、画期的な食事法をお伝えします。


→ → → 【荒木式】高血圧克服プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な治療法〜(ダウンロード版)

→ → → 【荒木式】高血圧克服プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な治療法〜(配送版)