高血圧原因

夜間高血圧の原因にはさまざまなものがある

高血圧,原因,改善,対策,生活習慣

 

夜間高血圧の原因

 

血圧は一日の生活の中で何度も上がったり下がったりしますが、
夜間に高血圧になるケースを「夜間高血圧」と言います。

 

 

 

「夜間高血圧」は日本高血圧学界の分類によれば、
「夜間昇圧型」と「夜間非降圧型」の2種類があります。

 

 

 

「夜間昇圧型」は日中と比べて夜間の方が血液が高くなるタイプで、
「夜間非降圧型」は日中の血圧が夜間になっても維持されるタイプです。

 

 

 

通常、夜間になると人間は体を休めようとするので、副交感神経が優位になり、
体のはたらきもそれだけ鈍くなります。もちろん心臓の動きもゆっくりになり、
血圧が下がりめになるのです。それにもかかわらず血圧が高いというのは危険な兆候と言えます。

 

 

 

「夜間高血圧」の原因は血管が硬くなっていることです。
血管が硬いと血液が流れにくくなるので、血液が血管を圧迫する力が強くなり、
血圧が高まります。

 

 

 

すると心臓はそのぶん血液を送り出そうと頑張るので、
心臓や血管に通常よりも負担がかかることは間違いありません。

 

「睡眠時無呼吸症候群」

 

「夜間高血圧」はさまざまな病気によって引き起こされます。
特に代表的なのは「睡眠時無呼吸症候群」が原因のものです。
「睡眠時無呼吸症候群」とは睡眠中の呼吸が停止することです。

 

高血圧,原因,改善,対策,生活習慣

 

なぜ停止するかというと、睡眠中に気道が塞がったり、呼吸中枢に問題が起きることによって
呼吸そのものを行わなくなることが原因です。

 

 

 

睡眠中に無呼吸になってもそれを自覚することは難しいので、
睡眠中の血圧測定を家庭で行うのが「夜間高血圧」の主な対処となります。

 

 

 

>>>トップページに戻る

画期的な食事法で高血圧を克服!!

今までの高血圧の常識は間違いだらけだった…

薬もキツイ運動も必要のない、画期的な食事法をお伝えします。


→ → → 【荒木式】高血圧克服プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な治療法〜(ダウンロード版)

→ → → 【荒木式】高血圧克服プログラム〜薬もキツイ運動もやめられた画期的な治療法〜(配送版)